みんなのラボ コラム

第15回みんなのラボコラム「モグラの家って?」

すっかり暖かくなって、朝の散歩も楽になってきたね。
今朝の散歩で、たくさんのモグラ塚発見。
アスファルトと石垣のわずかな隙間に作ったんだね。
温かくなって、こおってた土がとけて、柔らかくなってきたから家のリフォームをしてるのかな。
ところで、モグラって冬眠するんだろうか。
母親の会社の“いきものおじさん”に聞いてみた。
いろいろ教えてくれたよ。
春モグラ
モグラ塚
モグラは、地面の10cmぐらい下にトンネルをほって生活しています。トンネルを行ったり来たりしながら、トンネルの中に落ちてきたミミズや虫を食べて暮らしています。
寒くなる冬の間は、20~30cmぐらいの少し深いところにトンネルをつくって、それまでと同じように暮らしています。地面の下は一年中温度があまり変わらないので、モグラも寒くないし、エサになるミミズや虫も同じように活動しているからです。
春が来て暖かくなると、モグラも地面の浅いところに戻ってきて、トンネルを掘りなおします。トンネルを掘ると、その分の土があまるので、これを押し上げて地面の上にすてます。これがモグラ塚です。だからモグラ塚は出入口ではないんですよ。モグラは地上に出ることはほとんどないので、もともと出入り口はないのです。
―――“いきものおじさん”談
mogura
そうなのか!モグラは冬眠しないで、深いところで活動しているんだね。モグラ塚はトンネルを掘ってあまった土なんだぁ。知らなかった。
こんなモグラに、一度、あってみたいな~。

(モグラの家ってこんな感じ?)
モグラの家

そういえば、人も道路を作ったり、鉄道作ったりするとき長~いトンネルを掘っているよね。同じように、あまった土を捨てないといけないんだって。すごくたくさんになるんだろうなぁ。モグラみたいに置きっぱなしにはできないから、どこに捨てるか決まってるよね。きっと。

お問い合わせ 0120-158-455