スタッフブログ

安曇野の初夏

久しぶりのブログになりました。

今まで多くの地を訪ねて、その地の話題をブログに載せてきましたが、大事なところを忘れていました。私が住み、当社の安曇野営業所のある長野県安曇野市です。
この時期は多くの観光客が涼を求めて訪れる安曇野市は、西に北アルプスを望む風光明媚なところです。

10年前に3町2村が合併して誕生した安曇野市の人口は10万人弱、長野県のほぼ中央に位置しています。西には北アルプスがそびえ常念岳、大天井岳、燕岳といった山登りの皆さんにはお馴染みの名峰を見ることができます。写真は安曇野のシンボル有明山です。

安曇野1

 

私どもも安曇野市誕生と同時に安曇野営業所を立上げ、同市の大気、水質、騒音、悪臭などといった調査を受託しております。

先ほど紹介した山々を源とした中房川、烏川などの河川は扇状地を形成し流れ下り、南から流れる奈良井川、北から流れる高瀬川とここ安曇野で合流しています。
また、北アルプスに降った雪は河川の他に地下水となって長い年月をかけて安曇野の地に湧き出てきます。

こうした地下水が豊富な安曇野市では年間を通して変わらない水温や水量である湧水を利用した「わさび作り」が盛んで、中でも大王わさび農場は日本一の広さを有しています。

写真のようにわさび田を覆う寒冷紗(かんれいしゃ)と呼ばれる黒いネットの下でわさびが大きく育っていきます。

 

安曇野2 安曇野3

また、黒沢明監督の作品「夢」のロケ地として使用された水車小屋がある川では、ゴムボートやカヌーを楽しむこともできて、先週末はお天気も良く、大勢の観光客が涼を求めて楽しんでいました。

安曇野4

 

その大王わさび農場からほど近い場所にこの地域のごみを処理する穂高広域施設組合のごみ処理場があります。

この度建替え計画に基づき、新しく建設される施設の環境影響調査業務が発注になりました。弊社も地元企業として応札して落札することができました。

写真の中央の煙突がその施設ですが、背景に北アルプスを望む風光明媚な場所に建設される施設なので、この環境アセスメント通じて、景観に配慮した低公害の施設となるように役立ちたいと社員一同願っております。

お問い合わせ 0120-158-455